トップページ > パークスランド寝屋川日光苑×まみたん VOL.1
モーリン一家
parkoand×まみたん
まみたんママチェック!!ココがすごいよ家づくり
今回の取材ポイント 街びらきイベントで華々しくスタートしたおなじみの『パークスランド寝屋川日光苑』。まさに、建設中だからこそ体験できる“つくっている現場”をチェック!基礎から仕上がりまで“こだわりの家づくり”を、ママ目線でリポートします!

今回、三橋麻衣子ママと隼くん(3歳)、瞬(10か月)が訪れたのは『パークスランド寝屋川日光苑』。開発面積は、実に甲子園球場よりも広い約4ヘクタールの中に283棟もの住宅が立ち並ぶというのだから、まさに京阪エリア最大級の超ビッグタウン!「近所だから以前から気になってたんです」という麻衣子ママの瞳はキラキラ♪そして好奇心旺盛なお年頃の隼くんはワクワクのご様子。いざ、建設中の現場にGO!

まず案内されたのは・・・砂利!?

まず案内されたのは・・・砂利!?

「実はコレがパークスランドの住宅を支える礎なんです!従来は基礎を造る前に鉄筋やセメントの杭を打ち込むのですが、将来建替えや更地にする際、産業廃棄物になるという問題がありました。そこで、天然砕石を使用することでこの問題を解消できる工法を採用したんです」(営業松本さん)。これは『ハイスピード工法』といって、砕石パイルにより地盤の支持力を高めるという工法。さらに地震の際にヒビが入りやすいセメント柱状杭と違い、固まっていない砕石パイルなら稼働域が広いので、地震のゆれを軽減する上に液状化にも威力を発揮するのだとか!「つまり、地球にやさしく地震に強いってことですね!」(麻衣子ママ)

ヘルメットをかぶって建設現場へ!

えッ約1日で!?

基礎から骨組後、棟上げがおよそ1日という手際の良さをはじめ、随所に職人技が光る現場はママだけでなく隼くんも興味津々。「ここまで見せてもらえると安心できますね!」 基礎工程の次はいよいよ木材の出番。柱が建ち、どんどん住宅らしいカタチになっていきます。「約1日で組み立ててしまうんですよ!」という説明にびっくりのママ。確かな技術と蓄積されたノウハウのなせる技ですね。 モーリン一家

おもしろうそう!中に入りたいよぉ〜
建設現場へ!

玄関のタイルも一軒一軒違うものを使用。「街並みとしての統一感を備えつつも、一つひとつの“お家の顔”には変化をつけています。これもこだわりのひとつですね」(営業松本さん)

現場監督さん&営業さん直撃レポート 新婚、子育て世代の方々に安心と喜びをお届けする家づくりがコンセプト。パパが寛げママが嬉しい、そしてお子さんが楽しめるこだわりがいっぱいの家を、ぜひ実際に体感してみてください!

『ハイスピード工法』とは

『ハイスピード工法』とは、砕石パイルをその地盤に合わせた確実な施工で1本ずつ造り上げ、砕石パイルと砕石パイル周辺の地盤の支持力を複合させ、 地盤の支持力を高める工法。まさに新しい地盤改良の方法です。

詳しくはこちら

『ハイスピード工法』
ハイスピード工法
A街区に続いてB街区の 街並続々完成 この春、続々完成しているA街区とB街区。南向きの明るい日差しに映える、白い壁に赤い屋根が印象的です。駐車スペースも各棟2台分完備!というこだわりも、車移動の多いファミリーには高ポイント!

いよいよ完成したお家をチェック!

いよいよ完成したお家をチェック!

まず外観は?「真っ白な壁がステキですね!」とママ。
見学したこちらの街区のコンセプトは、南ヨーロッパの街並み。最近では、コストの関係からも瓦を使わない傾向にある中、あえて洋瓦を使用しているのも、やはり南ヨーロッパのイメージを大切にしたいというこだわりからなのだそう。そういえば、ちょっとした装飾にも南欧風を感じます。

いよいよ完成したお家をチェック!
モーリン一家

内装もちょっとママ目線チェック♪

内装もちょっとママ目線チェック♪
内装もちょっとママ目線チェック♪

「台所はカウンターキッチンが嬉しいですね。ダイニングテーブルを入れると狭くなっちゃうけど、カウンターだとお部屋が広く感じます。 隅にはパソコンが使えそうなママコーナーもあるし、楽しく過ごせそう!」子供部屋のクローゼットが子供の高さに設置されていることも見逃さなかった麻衣子ママ。

タウン内に広い公園が!!

タウン内に広い公園が!!

最後は、タウン内にある公園『セントラルパーク』を隼くんと一緒に見学です。「タウン内でこれだけ広い公園があれば、安心して遊ばせることができますね。遊具もカラフルでかわいいし♪」と、ひとしきり堪能した様子。もちろん、隼くんは大はしゃぎ。見学だけでもこれだけ飽きることがないのだから、住人になってもずっと愛し続けられる場所になりそう。 タウンの中心に位置する約620坪の広大な公園『セントラルパーク』。ご近所同士、大人も子供も集える貴重なスポットになるはず。

地盤のことやこだわりポイント満載で 安心できるなーという印象でした。 弁天池公園や深北緑地が 近いという環境も魅力ですね 『パークスランド寝屋川日光苑』、ぜひ一度見学に訪れてみては?
トップページ > パークスランド寝屋川日光苑×まみたん VOL.1